「外壁塗装を依頼したいけどどうしたら…?」そんな悩みを抱えてる方も多いかと思います。こちらそんな悩みを解消するためにの実例をもとにアドバイスいたします。


皆さんはご存じでしょうか? 外壁塗装はトラブルに発展することが多い工事の一つだということを・・


また、大変残念なことですが悪質な業者も存在しております。そこで今回は、トラブルに合わないためにおさえておきたい「よくあるトラブル」について 紹介いたします。

よくある外壁塗装のトラブルの一例

  • 「訪問販売/キャンペーンの広告を見て、依頼したら工事中、職人の対応が良くなかったが途中で断る事もできないので、工事の後ことも考えると、なんだか不安になる。」
  • 「相場費用よりも安かったので業者に依頼。あとで確認してもらったら、結果的に工事内容が悪く、別の会社に手直しを依頼しました。結果的に見れば、相場より高い金額で契約してしまった。」

など。
原因としては、他のリフォーム工事とは違い、依頼した後は、工事が終わってしばらく年数が経つまでは分からない事が多く、仮に、故意に手を抜かれても施主(依頼者)は気付きにくい工事なので、このようなトラブルになります。その他のトラブルのケースも確認していきましょう。

仕上がりの色がイメージと違う

外壁塗装では、事前にお客様と色の打ち合わせを行いますが、なぜか仕上がりの色がイメージと違うといったトラブルがあります。実は、室内照明で見たときと、太陽光の下で見たときではイメージが変わってくることがあります。

また、打合せでは実物(外壁)より小さいサイズの限度見本を使います。

なので、面積の違いでもイメージが違うことがあります。お客様視点でイメージをさせてくれる業者を選びましょう。

塗料の飛散、塗り残しがある

一言でいうと、職人のスキルが低い、確認を怠ったために起きる現象です。実は、外壁塗装は特に資格もなく始めることができるため、業者によって職人のスキルに大きな差があります。

塗り残しは、作業の中断などで再開した際に忘れてしまった、塗らなくてもよい場所だと勘違いしていたなどの思い込みによるものです。

打ち合わせで塗らなくてもよい場所を確認しなかった業 者の管理不足が原因です。スキルが高く実績のある業者を探すことが大切です。

塗装がはがれてきた、浮いてきた

耐用年数よりも早く「塗装がはがれてきた、浮いてきた」というトラブルです。なかには塗装後2~3年で剝がれてきたというトラブルもあります。

主な原因は下記のとおりです。

高圧洗浄がしっかりとされていなかった洗浄を怠ると、汚れの上に塗装することになり剥がれやすくなります。「高圧洗浄後、乾く前に下塗り塗装をしてしまった。」「下塗り塗装の工程をとばして上塗り塗装をした。」いずれも密着率が悪くなり、塗装が剥がれやすくなります。このように、下地処理のミスや手抜きをする業者もあるので、信頼できる業者を選びましょう。

追加で多額の請求が!

施工後の想定外の追加請求によるトラブルです。これは定額の外壁一式料金などの見積もりで多いケースになります。この場合はあくまで目安となる場合が多いので、詳細見積もりを提出してもらいましょう。場合によっては、どうしても追加料金が発生するケースもありますので、 足場設置、高圧洗浄、補修、塗装などの詳細費用も確認しましょう。

近所から苦情が!

外壁塗装はどうしても足場設置時の音や、高圧洗浄の水しぶき、塗料の臭いが発生してしまいます。また、工事期間中は周囲に車が駐車することになります。施工前の挨拶、説明、業者の態度 が重要なポイントになりますので、周囲に気配りが出来ない非常識な業者は避けましょう。

失敗しない外壁塗装の相見積もりのためのポイント

外壁塗装・屋根塗装工事で、もし、1社目に相談して、「おまかせしたい!」と判断できないと思った場合にオススメな方法をご紹介します。

  • <簡単にできる!トラブルの対策方法>

    リフォーム工事の失敗やトラブルを、カンタン&未然に防げる方法は、2~3社から見積もりをもらう「相見積もり」です。しかし、塗装工事は、「ただ見積もりをもらう」のではなく、しっかり比べる必要があります。「良い工事」は、「良い業者」がするものなので、ここで、工事の善し悪しが決まると言っても過言ではありません。失敗しないためにも、「評判の良い工事業者」を選別するポイントをご紹介しますので、チェックしてください。

  • <外壁工事の相見積もりのポイント>

    見積もりでご注意頂きたいのは、通常、相見積もりと聞けば、「値段を比べる」と思いがちですが、そこは屋根塗装・外壁塗装工事などにはあてはまりません。塗装工事は、キッチンのフォームなどの「設備工事」とは違い、商品のスペック(性能)は、『施工技術』と『塗料』になる点です。理由としては、会社や職人が変わっても使用する塗料は大きく変わらないが、仕上がりは全く違います。ですので、ポイントとしては、値段を比べるのではなく、業者が提案する「見積の内容・説明」で提案力を比べるのです。明らかに安い値段の見積り(=値段に自信がある会社)と相場費用の見積り(=技術力に自信がある会社)とを比べても、全く意味がありません。屋根・外壁塗装工事に関しては、しっかり「業者」と「提案」を確認してから納得できる塗装業者さんに依頼しましょう。

まとめ

このようなトラブルを未然に防ぐためには業者選びが重要となります。
まずは同じ技術レベル、同じ塗料、同じ項目の条件の複数社への見積もり依頼でコストを見極め、技術力、アフターフォロー体制、評判などから適切な業者を選びましょう。
安ければいいと言うわけありませんので、しっかり施工技術があり、かつ、実績のある会社から相見積もりをとることが重要です。
株式会社 泉は、国家資格取得者による高い技術力を持った職人、万全なアフターフォロー体制、評判などから適切な業者を選びましょう。
株式会社 泉は、そのような要素、そして何よりも地域密着型による人とのつながりを大切にしております。
ぜひお気軽にご相談ください。


株式会社泉はなぜお客様に選ばれるのか!?詳しくはこちら
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp