防水工事とは

床や壁、屋上といった部分では、ちょっとした塗装の剥がれや傷などから雨水が浸入することがあります。特に普段見えづらい部分の場合、そのような不具合が放置されることによって建物の構造にも腐食や雨漏りなどの深刻な被害が発生してまいります。そういった問題を未然に防ぎ、快適な住空間を守るための工事が防水工事です。
防水工事にはさまざまな工法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。弊社ではいただいたご依頼一件ごとに最適な工法をご提案しますのでご安心ください。また実際に工事をご依頼いただくための兆候についてもご紹介します。

各種防水工事(工法)の特徴

△ページトップへ



防水工事のタイミング

「防水工事はいつやればいいの?」「定期的なメンテナンスは本当に必要?」といったお声を、お客さまからよくいただきます。一般的に、防水層は少なくとも10年から15年の周期で直しが必要であるといわれますが、実際の期間は材質や工法によってさまざまです。弊社なら1軒ごとに防水層を調査し、適切なタイミングについてアドバイスをご提供いたします。
なお防水工事が必要となる兆候として、以下のような症状が挙げられます。

防水工事のタイミング

△ページトップへ



お問い合わせ

▲TOPへ