こちらの記事では普段あまり馴染みのない火災保険を利用したコストカットの方法をご紹介します。


屋根塗装や防水工事は必要と分かっていても大きな出費のため、少しでも出費を抑えられない かと悩む方も多いと思います。

そんな方に知っていただき活用していただきたいのが火災保険についてです。条件を満たしていれば受け取ることが出来ますのでぜひ活用して、屋根塗装や防水工事のコストを削減しましょう。

火災保険の「よくある質問」に回答します

火災保険の内容は自治体ごとに異なります。不明点は必ずお住まいの自治体の窓口に 問い合わせてください。 ここでは、火災保険のよくある質問について説明いたします。

どのような条件なのか?(保険になるので、かわる)


具体的な条件

①自然災害が原因の破損に適応される

ただし、地震による火災・破損は対象外となります。

②台風による被害にも適応される

台風で屋根や外壁が破損したら、まずは保険申請してみましょう。

③被災から3年以内が申請期間

期間が過ぎると屋根塗装や防水工事のに火災保険が適応されないので、気を付けましょう。

④補修費用が免責金額内の場合、火災保険は適応されない

保険にもよりますが、免責金額は約20万円ほどであることが多いです。


まとめ

屋根塗装や防水工事は、条件次第で火災保険が出ます。 自治体により金額や条件が異なりますので、まずは地元の業者に聞き、費用を抑えるためにも ぜひ活用しましょう。 株式会社 泉は、地域密着型です。 火災保険などに関する分からないことや面倒な手続きなど、どんなことでもご相談ください。


株式会社泉はなぜお客様に選ばれるのか!?詳しくはこちら
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp