あなたのご自宅は雨漏りでのお困りごとはありませんか?「台風・大雨で雨漏りしただけで、通常の雨だったら大丈夫」そんな声も聞こえてきそうです。ただ、実際には屋根や外壁などの耐用年数が過ぎている可能性もあり危険なので、将来のためにも早急な雨漏り対策が必要になります。対策は堺市の株式会社泉にお任せください。


知っておくべき!台風・大雨での雨漏り対策

こんにちは!株式会社 泉です。
堺市に拠点を置き、関西エリア全域で住宅、マンション、ビル、店舗などの外壁塗装・防水工事・雨漏り対策を承っております。
堺市のお客様一人ひとりの目線にしっかりと寄り添い、安全で高品質なサービスの提供を心がけておりますので、各種施工のご依頼がございましたらどうぞお気軽にご相談ください。
このコラムでは、長年の台風・大雨での雨漏り対策経験により培った技術やノウハウをもとに、豆知識やお役立ち情報としてご紹介します。
今回ご紹介するのは、台風や大雨で発生する可能性がある雨漏り対策についてです。
住宅にとって最も重大なリスクは、自然災害です。
塗装工事と雨漏りの関係性は意外かもしれませんが、塗装や防水工事は、「見た目」の工事だけではありません。
住宅の外壁や屋根には家を守る役目がありますが、防水などの機能は「塗料」に備わっております。
適切な雨漏り対策をしておくことで、二次災害の発生を未然に防ぐことができます。
これまでの経験から、適切な台風・大雨での雨漏り対策をご紹介します。


台風・大雨で雨漏りが発生するとどうなる?

台風・大雨で雨漏りが発生した場合は、早々に業者に診てもらい防水工事・雨漏り対策することをおすすめします。
と言うのも「大型の台風で雨漏りしただけで、通常の雨であれば問題ない」と考えている人も多いのですが、実際には屋根裏が侵食していたり、屋根や外壁、ベランダの耐用年数がとうに過ぎている可能性もあり得るからです。
放置しておくとさらに侵食が広がり、白アリの発生原因にも繋がるなど、建物全体にダメージが及んだ結果、家屋が倒壊する根本的な原因となります。
ひとまずは屋根やベランダをブルーシート・防水テープで塞ぐなど応急処置を行い、速やかに業者に防水工事・雨漏り対策の連絡しましょう。


なぜ台風・大雨で雨漏りが発生するのか

雨漏りはなぜ発生するのでしょうか?
その原因はいくつか存在します。雨漏り対策とともにお伝えします。


外壁のひび割れ

外壁部分にひび割れがあると、その部分から雨が染み込んでいき雨漏りを引き起こす可能性があります。
ひび割れの程度によってはすぐに施工を行わなくてはいけないほど深刻な場合もありますので、発見した場合はなるべく早く補修を行い雨漏り対策することが大切です。


屋根材の割れ・欠損

屋根材が割れていたり、欠損している場合も雨漏りの原因となってしまいます。
塗装で改善できる場合は良いですが、屋根材ごと交換しなくてはならない…と言った可能性もありますので、屋根材の破損が見受けられる場合は即日対応しましょう。


事前にできる雨漏り対策

上記でも述べたとおり、雨漏りは建物の経年劣化が理由で発生することが非常に多いです。
台風が来る前に屋根・外壁塗装工事や防水工事などのメンテナンスを済ませておくことで、雨漏り対策に繋がり発生リスクを最小限に抑えることができるでしょう。
雨漏りが発生してしまってからでは、雨漏り対策の修理費用も数倍になってしまいますので、大きなトラブルが起きる前に手を打っておくことをおすすめします


台風・大雨での雨漏り対策のまとめ

今回は雨漏りの原因や対策についてご紹介しました。
雨漏りに関しては早急な対応と適切な処置が求められます。
小さなことでも構いませんので、雨漏りでお困りごとなどありましたら、堺市の株式会社泉までお気軽にご遠慮なくご相談ください。


株式会社泉はなぜお客様に選ばれるのか!?詳しくはこちら
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp