こんにちは!株式会社 泉です。
弊社は大阪府堺市に事務所をかまえ、関西エリア全域で住宅、マンション、ビル、店舗などの外壁塗装・屋根塗装・防水工事を承っております。
外壁・塗装・防水工事をお考えのお客様は、ぜひ一度ご相談ください。
このコラムでは、長年の経験により培った技術やノウハウをもとに、皆様の生活を快適にするお得情報やちょっとした豆知識をお伝えしていきます!
今回ご紹介するのは、防水工事をプロに頼むべき理由についてです。
ここでは、プロと素人が防水工事を行ったときの違いを比較しながら説明していくことにしましょう。

プロと素人のちがい


今どきはDIYという言葉もすっかり定着して、ホームセンターに行けば一通りの工具も置いてあります。
器用な方は、けっこう大がかりな作業でも土日を使ってこなしてしまう場合もあるでしょう。
ただ、防水工事に関してはどうなのでしょうか。
技術の違い、工法の問題の2つのキーワードによって、プロと素人の作業の違いについて検討してみましょう。

技術の違い

まず、素人が防水工事をする場合に、大きなハードルとなるのは屋上防水と防水層の形成ではないでしょうか。
屋上防水
瓦屋根はもちろんのこと、陸屋根であっても一般人が通常足を踏み入れる場所ではありません。
自分で工事をするにしても前段階の劣化具合などを確認したり被害の状況を判断することが困難です。
防水層の形成
雨漏りの有無によらず、防水工事をするためには防水層の処置をどうするかの判断をしなくてはなりませんが、業務経験なしには不可能な作業ではないでしょうか。

工法の問題


仮に、一般人でも多少の経験と知識があって工事にとりかかることにしたとして、そこには次のハードルが待っています。
人数の制約と作業時間の制約です。
人数の制約
工事には工具と材料が必要です。
時間をかければ、ひとりで運搬作業することは可能かも知れませんが現実的とは言えません。
かといって、手伝ってくれる仲間を探すことも難しいのではないでしょうか。
作業時間の制約
実際に防水工事までこぎつけたとして、防水加工には塗装作業や防水工事や足場工事が必要です。
屋根全体を均一に塗装するには、塗料が乾ききらない前に作業を完了しなくてはなりません。
防水加工は、屋根全体にほどこさなければなりませんが、塗料が乾いてしまう前に全体を塗りつくすことができるでしょうか。

このように防水工事をするには、さまざまなハードルがあります。
またせっかくの防水工事も品質を担保できなければ、意味がありません。
高品質・高精度な施工を期待できるということが、経験を積んだ熟練の防水工事のプロに頼む最大のメリットではないでしょうか。

ここまで『防水工事をプロに頼むべき理由』についてご紹介しました。
少しでもご参考になれば幸いです。
防水工事に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただきありがとうございました。


株式会社泉はなぜお客様に選ばれるのか!?詳しくはこちら
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp