堺市で日々お仕事させて頂いてます。

最近、よくお客様様から、屋根の金物や樋のバントや、手摺などの錆が気になるとよくよくゆわれます。

難しい専門的な言葉でここでは説明せずに、本当に簡単に説明しますと鉄部は錆びるからです。

なぜ、錆びるの?

鉄は雨や湿気が付着すると空気中の酸素が水分に吸収され鉄に化学反応を起こし酸素や水分に反応し錆が発生します。


鉄を保護する塗膜が日々の雨や紫外線で薄くなりなくなると、鉄直接に反応し錆が発生します。例え表面を塗装していても、塗膜は酸素や水分を通しますので、塗膜厚を確保すれば通しにくくなり、酸素や水分が鉄に触れにくくなります。

それでは、膜厚だけ確保すれば大丈夫?、、そうではございませんので、鉄扉などに厚みをつけてしまうと、扉が開かなくなったりなどしますし、仕上がりも汚い。

外壁塗装工事に鉄部塗装工事が付属的に感じておられる方も少なくはないのですが、鉄部ほど劣化するのが早いと認識して下さい。、外壁だけはまだ綺麗のに鉄部だけ痛んでなど数ある現場を見てきたからこそお伝え出来ることですので(勿論 外壁も鉄部も綺麗)とゆう建物もあたり前にあります。

鉄部の下地処理や錆び止め、耐候性の良い上塗り塗料、全てが重なり施工部位に適した塗料を選定していき、塗料の詳しい知識を持った業者に依頼するのが鉄部を長持ちさせる秘訣です。


外壁塗装・防水工事は大阪府堺市の株式会社 泉
ただいま職人・職人見習いの求人募集中です!
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp