堺市中区の株式会社 泉です。

本日は以前 現地調査にお伺いさせて頂きましたサイディング外壁の壁材について、


サイディング外壁には主に

窯業サイディング 金属サイディング

木材サイディング 樹脂系サイディングに分かれております。

現在主流はやはり窯業サイディングが主流となってますが、耐震性や耐火性に優れデザインやカラーなどが豊富にあることから広く使われている理由になります。

最近では親水性のあるものや、色あせしにくい加工をした機能性に優れたサイディングが増えてきております。


窯業サイディングの次に多いのが金属サイディング

金属サイディングは軽量で建物に負担かかかりにくい最近ではデザインが豊富になってきました。

その他 木材質サイディングや樹脂系サイディングなどがありますが、サイディング材は工場で作られた壁材を貼り合わせる工事となりますが、サイディングとサイディングの継ぎ目には必ずコーキングが施されております。


継ぎ目のコーキングは10年を目安に定期的なメンテナンスが必要となり、サイディング壁材にも経年劣化にて表面の防水塗装の劣化により水分を多く吸収していきますので、サイディング種類にもよりますが、10年〜15年以内に定期メンテナンスが必要です。

サイディングは月日と共に劣化していきますので、劣化を放置すると見た目が汚いだけではなく雨水が建物内に染み込み建物の構造などを弱らせてしまいます。

サイディングの診断に必要な箇所は

1サイディングの継ぎ目のコーキングの劣化

2触ると手に白い粉がつく

3ヒビ割れや剥がれ

4サイディング壁材の反り

4番までいくと、末期状態となりますね。

サイディングの外壁リフォームで一番多い方法などは外壁塗装 10年に一度の建物のメンテナンスでお困りのお客様は是非 弊社にご依頼下さいませ。新築のような外壁に見た目も耐久性も仕上がりを満足できる施工技術が弊社には備わっております。

是非お気軽にお問い合わせ下さい。


外壁塗装・防水工事は大阪府堺市の株式会社 泉
ただいま職人・職人見習いの求人募集中です!
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp