堺市中区の株式会社 泉です。

 

今回 スレート屋根工事の経年劣化の修繕工事 優良な施工方法です。

 

タスマジック 



続にゆう 屋根材 コロニアル屋根(カラーベスト)の

経年劣化のひび割れクラック処理には、

弊社が推奨しています、(タスマジック)

屋根のひび割れなど、簡易的にコーキング処理などを行い屋根塗装を施工してしまうと

厳しい環境の中、紫外線や雨水などの過酷な状況の中 耐久性能は確保できません。

屋根塗装後、数年で塗膜がめくれてきたりなどやコーキング部のみ劣化など、必ず 不具合が発生します。

 

タスマジック



タスマジック



そうゆう意味では、上記のひび割れクラック補修剤(タスマジック)は

下地として使用するとひび割れを全面的に補修ができ、なおかつ塗膜劣化につながらず

屋根塗装としての適正な屋根塗装工事となります。

 

通気性を確保するためのタスペーサ挿入などは、昨今では屋根スレート塗装では当たり前になり、

塗料によるスレート同士の接着を防ぎ毛細管現象で吸い上げる雨水も排出し下地材の劣化をふせぎます。

逆に昨今では縁切りなどカッター切などする業者はいなくなっております。

塗装後の縁切りなどは、乾いた塗料はかなりの硬度でカッター縁切りなど行うことは

仕上げた塗料に傷がいき現実的にできません。

現在はタスペーサ部材の商品もかなり開発が進み。新型タスペーサなどはさらに性能が良くなっております。

タスペーサ挿入



弊社では、上記のタスペーサやタスマジックを屋根塗装の標準装備としています。

 

本質の屋根塗装工事や屋根工事の施工会社は、技術+知識が突出してますので

すぐにわかってしまいます。

日本ペイント ファインフッ素塗装



 

後悔のしない屋根塗装や屋根工事のご依頼は、是非 弊社にご依頼くださいませ。

 


外壁塗装・防水工事は大阪府堺市の株式会社 泉
ただいま職人・職人見習いの求人募集中です!
〒599-8233
大阪府堺市中区大野芝町225-3
072-234-6525
 
HP
https://kabushikigaisya-izumi.com

メールアドレス
izumi-tosou@zeus.eonet.ne.jp